練馬区、西東京市、豊島区の、相続、遺言のことなら、新井行政書士事務所

HOME » 相続・遺言Q&A » 誰に依頼するべきか

誰に依頼するべきか

誰に依頼するべきか

相続で困ったときに、誰に依頼するべきなのでしょうか?

1・弁護士

2・税理士

3・司法書士

4・行政書士

上記の違い・・分かりますか?

ほとんどの人は分かりません。それが当たり前です。

どの方も相続手続きを業務として行っています。

もちろん、それぞれ固有の業務もあるので、できる仕事・できない仕事があります。

けれど、それは専門家から見た区分け。

相続手続きをしたい人にとっては

「あまり高くなく、誠心誠意仕事をしてくれる人」を探しているのではないでしょうか?

上記の専門家、たいてい上から料金が高い順番に並んでいます。

親族間で話し合いでまとまらないようなら、弁護士さん

相続税が発生するようなら(相続税がかかる方はごく一部の方です)税理士さん

登記関係が発生するなら司法書士さんに依頼すればいいと思います。

じゃあ、行政書士はどうするのか。

僕は、弁護士・税理士・司法書士すべての方と提携していますので、行政書士ができない部分は安心して任せられます。

「誰に相談するべきか分からない人」のために気軽に聞ける存在を目指しております。

相続手続きのサポート・代行をさせていただきます。

お申し込みはお電話かサイト右側のオレンジのボタンからお願いいたします。

お問い合わせはこちら

新井行政書士事務所
代表者 行政書士 新井健太
所在地 〒177-0041 東京都練馬区石神井町6-26-29
TEL:050-3736-3795
FAX:050-3737-7115
MAIL:info@n-souzoku.com
営業時間 メール相談は24時間 TELは9時~20時まで 日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab