練馬区、西東京市、豊島区の、相続、遺言のことなら、新井行政書士事務所

HOME » お知らせ, 相続の基礎 » 代襲相続とは

代襲相続とは

2013/08/23

代襲相続とは何か

被相続人が亡くなって、相続するはずだった子が先に亡くなっている場合
その子供の子=孫が相続することになります。

  
これを代襲相続といいます。
 
 
 
また、被相続人が亡くなった時、相続する人が先に亡くなっていて、その子供に相続される場合だけでなく「相続欠格」「相続排除」によって相続する権利を失った場合でも
その子供・孫がいる場合は、代襲相続が発生します。
 
 

代襲相続を受けられる人・受けられない人

 

代襲相続になれる人
 1・相続人の子(被相続人からすると孫)
 2・被相続人の兄弟姉妹のこども(被相続人からすると甥や姪)
 
 
 
代襲者になれない人
 被相続人の直系尊属(被相続人の親)

 

代襲相続が発生するのはどんなときか?

代襲相続が発生するとき
 1・被相続人の子が相続開始以前に亡くなっているとき
 2・相続人が「相続欠格」に該当し、相続する権利を失った時
 3・相続人が「相続排除」に該当し、相続する権利を失った時

代襲相続が発生しないときもあります。
それは、相続人が相続放棄をおこなったときです。
 
 

 
 民法887条2項
被相続人の子が、僧俗の開始以前に死亡した時、又は第891条の規定に該当し
若しくは排除によって、その相続件を失ったときは、その者の子がこれを代襲そて相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない

お問い合わせはこちら

新井行政書士事務所
代表者 行政書士 新井健太
所在地 〒177-0041 東京都練馬区石神井町6-26-29
TEL:050-3736-3795
FAX:050-3737-7115
MAIL:info@n-souzoku.com
営業時間 メール相談は24時間 TELは9時~20時まで 日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab