練馬区、西東京市、豊島区の、相続、遺言のことなら、新井行政書士事務所

HOME » お知らせ, 遺言書を準備したほうがいい場合 » 遺言書が必要な場合~離婚・再婚~

遺言書が必要な場合~離婚・再婚~

2010/12/07

遺言書が必要な場合のひとつに

離婚・再婚 ということがあります。

1・別れた前夫・前妻との間に子供がいる場合

離婚しても子供は相続権が残ります。

2・子連れの相手と結婚した場合

養子縁組をし忘れると、再婚相手の子供に相続権が発生しません。

離婚して、再婚してすべて仕切り直しというわけにはいきません。

相手には再婚だということを伝えていない場合、

または自分の子供に伝えていないと

自分が亡くなった後に子供は、大変ショックを受けます。

そして前夫・前妻の子供たちと相続の手続きを、連絡をとりあって行わなければなりません。

このような事態にならないように、再婚離婚をきっかけに遺言書を書くことをお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

新井行政書士事務所
代表者 行政書士 新井健太
所在地 〒177-0041 東京都練馬区石神井町6-26-29
TEL:050-3736-3795
FAX:050-3737-7115
MAIL:info@n-souzoku.com
営業時間 メール相談は24時間 TELは9時~20時まで 日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab